トピックス ブログ ミュージック メンズ レディース ヴィンテージ用語・古着知識

“バンドTシャツ”価値の見極め方

band_blog_04

デザイン性の高いバンドTシャツですが、高価なものが多く、価格によってご購入をあきらめてしまった方も少なくないのではないでしょうか。

そんな、バンドTシャツの歴史から価値のあるバンドTシャツの見つけ方まで、徹底的に紐解いていきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

バンドTシャツとは

そもそもバンドTシャツは、音楽やバンドを題材に製造されたTシャツのことを指します。諸説ありますが、1960年代にライブ会場などで販売したのが始まりと言われています。
その歴史は、音楽史の公式記録としての価値が認められており、なんと1着100万円を超えるような希少なアイテムも存在します。
最初はファンのためにと作られた記念品でしたが、今では、最新のトレンドに幾度となく登場しており、ファッションアイテムとしての市民権をしっかりと獲得しています。

⇒バンドTシャツ一覧はこちら

 

価値あるバンドTシャツを見つけるコツ

これまで、バンドTシャツの価値を見る時のポイントはボディブランドや素材、プリントでしたが、ここ数年でその価値が高くなるポイントに変化が見られています。
雑誌Beginでもヴィンテージについての解説経験を持つ、古着屋JAMの値付け担当 藤村に聞いた、これから価値あるバンドTシャツを見つけるコツをご紹介していきます。

1.音楽ジャンル”メタル系””グランジ系”がアツい!

バンドTシャツの中でも、メタル系とグランジ系と呼ばれる音楽ジャンルはここ数年、高額で取引され、高騰の一途をたどっています。そのため、プリントされているバンドの音楽ジャンルを知っておくだけで、ある程度価値があるかどうかを知ることができます。
メタル、グランジの代表的なバンドを一部ご紹介していますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

メタルバンド代表格
【METALLICA(メタリカ)】
古着屋JAMのバンドTシャツ
メタル系と呼ばれているジャンルは、1960年代の終わりから1970年代の初頭にかけてイギリスなどで広く発展したロックのスタイルのひとつです。中でも、1981年結成のメタリカはアメリカ・ロサンゼルス出身のヘヴィメタルバンドで、1990年代に全米アルバム総売上4位を記録するなど商業的な成功を得ています。
その他、SLAYER(スレイヤー)Pantera(パンテラ)などが人気です。

⇒メタリカのバンドTシャツ一覧はこちら

グランジバンド代表格
【NIRVANA(ニルヴァーナ)】
古着屋JAMのバンドTシャツ
Grunge(グランジ) とは、「汚れた」「薄汚い」という意味の形容詞 “grungy” が名詞化した “grunge” が語源と言われています。
1989年頃からアメリカ・シアトルを中心に人気を集めた、オルタナティヴ・ロックの一つです。それまでヘヴィメタルが多かった当時のアメリカのロックシーンを革新し、ダメージジーンズにネルシャツといったスタイルでファッションにも影響を及ぼし、当時、一大ムーブメントを起こしました。
中でも、1987年にアメリカで結成されたバンド、ニルヴァーナはフロントマンであるKURT COBAIN(カートコバーン)が非常に有名ですが、1991年リリースの代表曲『Smells Like Teen Spirit』の発売から3年後の94年に27歳という若さで急逝しており、近年、追悼の意を込めたTシャツは価格が高騰し続けています。
その他、PIXIES(ピクシーズ)PEARL JAM(パールジャム)などが人気です。

⇒ニルヴァーナのバンドTシャツ一覧はこちら

2.”2000年代”を要チェック!

90年代までに製造されたいわゆる、ヴィンテージバンドTシャツは海外でも高値で取引されており、入荷数が年々減っています。
今後はネクストヴィンテージと呼ばれる2000年代のアイテムに注目が集まり、90年代のアイテムと同じく手に入れるのが難しくなることが予想されます。
中でも、THE ROLLING STONES(ローリングストーンズ) 2005年のツアーTシャツは、すでに価格が高騰し始めているバンドTシャツの一つです。

TENNESSEE RIVER THE ROLLING STONES ザ ローリングストーンズ A BIGGER BANG WORLD TOUR 2005 バンドTシャツ
古着屋JAMのバンドTシャツ
⇒商品はこちら

⇒ザ ローリングストーンズの商品一覧はこちら

3.”シルエット”にも価値が見出され始めている

これまで、バンドTシャツといえば、”ラグランスリーブ”のものが高価とされていましたが、90年代の人気が再燃し、数年前より広めの身幅で寸胴になったボックスシルエットの相場が高騰しています。

Hanes ヘインズ LED ZEPPELIN レッドツェッペリン Swan Song Records スワンソング レコード バンドTシャツ
古着屋JAMのバンドTシャツ

⇒商品はこちら

 

ヴィンテージおすすめバンドTシャツをご紹介

グランジロックの代名詞
【NIRVANA(ニルヴァーナ)】

古着屋JAMのバンドTシャツ
フロントプリント
古着屋JAMのバンドTシャツ
バックプリント

90年代製のニルヴァーナのバンドTシャツで、1994年にカートコバーンが他界していることから、それ以降に作られた非公式アイテムということが分かります。
豪華な両面プリントでフロントはお馴染みのニルヴァーナのセカンドアルバム”NEVERMIND(ネバ―マインド)”で、バックプリントにはカートコバーンの追悼を意味するお墓がプリントされています。
メッセージ性とデザイン性を兼ね備えたバンドTシャツです。

90年代 NIRVANA ニルヴァーナ NEVERMIND EMPIRE 92 ヴィンテージ バンドTシャツ

古着屋JAMのバンドTシャツ

⇒商品はこちら
⇒ニルヴァーナのバンドTシャツ一覧はこちら

レゲエの神様
【BOB MARLEY(ボブマーリー)】

古着屋JAMのバンドTシャツ
90年代製のヘインズのボブマーリーのTシャツになります。
インパクトのあるプリントが特徴の“MOSQUITOHEAD(モスキートヘッド)”は、アメリカのシルクスクリーンのプリントブランドとして広く知られ、コレクターズアイテムとしても人気の1着です。
派手なプリントが多いモスキートヘッドの中で、落ち着いた配色のデザインは大変希少です。

90年代 ヘインズ Hanes BOB MARLEY ボブマーリー MOSQUITOHEAD モスキートヘッド ヴィンテージ バンドTシャツ

古着屋JAMのバンドTシャツ

⇒商品はこちら
⇒ボブマーリーのバンドTシャツ一覧はこちら

世界五大プログレッシブ・ロック(プログレ)バンドの一角
【PINK FLOYD(ピンクフロイド)】

古着屋JAMのバンドTシャツ
80年代製のピンクフロイドのバンドTシャツです。
WINTERLAND(ウィンターランド)は世界初のミュージックTシャツメーカーとして知られており、両面プリントは大変珍しく希少な1着です。
また、プリントに使用されているアニメーションは漫画家でイラストレーターのジェラルド・スカーフが手掛けたことで有名です。

80年代 WINTERLAND ROCK EXPRESS PINK FLOYD ピンクフロイド THE WALL 総柄 ヴィンテージ バンドTシャツ

ピンクフロイド
ピンクフロイド2
⇒商品はこちら
⇒ピンクフロイドのバンドTシャツ一覧はこちら

別のブログでも、古着屋JAMのおすすめバンド13選もご紹介していますので、こちらもぜひ、チェックしてみて下さい。
⇒海外セレブ御用達のバンドTシャツ!メタリカ、ニルヴァーナ、スリップノットなど至極のバンド13選!はこちら

 

ファッションと音楽を繋ぐバンドTシャツ

古着屋JAMのバンドTシャツいかがでしたか。

ライブ会場の記念品として生まれた、バンドTシャツは、今では多くのバンドの歴史を語る上で欠かすことのできないものとなっています。

いつの時代も音楽はファッションに強い影響を与え、好きなバンドを語る上で、代名詞のような存在となっています。

90年代の人気再燃によって、ファッショントレンドアイテムとして、バンドTシャツが注目を浴びています。

音楽とファッションの歴史を改めて知ることができるバンドTシャツの魅力をぜひ、楽しんでみてください。
 
⇒バンドTシャツ一覧はこちら