トピックス ブログ メンズ リーバイス レディース ヴィンテージ用語・古着知識

ジーンズの「リーバイス流」洗い方をご紹介!

28433104_155363928609407_7951094198545940480_n-2

誰もが持っているであろうジーンズ。ですが、意外と困ってしまうのが、そのお手入れ方法。「そもそも洗ってもいいの?」「大切にお手入れしたいんだけど・・・」など、疑問や不安を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、米国老舗ジーンズメーカーリーバイス(Levi’s)のおすすめお手入れ方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ジーンズって洗ってもいいの?

reIMG_1194-2_e実は、ジーンズは定期的に洗うのがおすすめです。もし全く洗わないでいると、汗や皮脂などの汚れが生地を傷めてしまう原因に。実は、リーバイスのCEOであるチップ・バーグ氏は、2014年にカリフォルニア州で行った講演にて「1年間ジーンズを洗っていない」ことを告白!ですが、リーバイスは「洗わないこと」を勧めているわけではありません。リーバイスCEOおすすめのお手入れ方法は次の3点。

 

その1:洗濯機で洗わないこと!

11c7a94343f0fae6aba3a6df8dc20b59ジーンズは洗濯機で洗わないようにしましょう。デニムの藍はインディゴ染料で出来ており、色落ち・色移りしやすいのが特徴。洗濯機で洗うと色落ちの原因になります。洗う際は、お湯を使うと色落ちしやすいため、水で手洗いするのが最適!
ワンポイントアドバイス:ここで「氷水」を使うとより色落ちしにくくなります。※実はお湯の温度が高いほど皮脂は落ちやすくなる、という矛盾もあるので注意。

 

その2:部分洗いをしましょう!

wbb4441_05_detail
wbb4441_05_detail
wbb4441_05_detail汚れがついてしまった場合は、スポンジや歯ブラシに洗剤を付けて部分洗いを。洗剤は、オシャレ着洗い用の中性洗剤を使うといいでしょう。弱アルカリ性洗剤は色落ちの原因になってしまいます!最近はデニム専用の洗剤が出ているので、そちらもおすすめです。

全体的に洗いたい場合は、洗濯桶に水を入れ洗剤を溶かし、そこにジーンズを10分ほど浸すだけ!あとは水を2、3回入れ替えながらすすぎましょう。オシャレ着用の洗剤は何度もすすがなくてOK。
ワンポイントアドバイス:洗剤の成分によって効果や用途も変わる為、普段使っている洗剤も要チェック。

 

その3:乾燥機は使わないこと!

リーバイスのジーンズ乾燥機を使うと、デニム生地に負担がかかり縮みの原因に。なるべく使わないようにしましょう。ジーンズを洗ったら、裏返してから、色あせ防止のため直射日光には当てず、風通しのよい場所で陰干しがベスト。
ワンポイントアドバイス:ピンチハンガーを使いジーンズを筒状にして釣干しにすると、中に空気が通るので乾きが早くなり、生地の縮み予防にもなります。

手洗いは面倒だけど色落ちやダメージは防ぎたい・・・というあなたに、洗濯機で洗う際の絶対に守るべき最低限のポイントを伝授◎
それは、「強い直射日光」「お湯洗い」「塩素系漂白剤」を絶対に避けること!
裏返しにしてネットに入れ、洗濯機で洗ってから陰干しに。そうすることで少しでも色落ちやダメージを軽減できます。

 

あなただけのお手入れ方法で、あなただけのリーバイスを

reIMG_2394_e
デニムに対する考え方は実は人それぞれ。ダメージをよしとする方もいれば、ダメージをなるべく与えたくないという方も。

今回はリーバイスおすすめのお手入れ方法をご紹介しました。

ですが、色落ちや破れも、デニムならではの「味」になっていくかもしれません。自分なりの1本をお求めの方は洗濯機で大胆に洗ってみたり、乾燥機を使ってみたり、様々な方法を試してみるのも良いかも知れません。スタイルにあったお手入れ方法で、じっくりとあなたのデニムを育てていきましょう☆

古着屋JAMでは、リーバイスの定番モデル「501」や、90年代を代表する「シルバータブ」の豊富な品揃え。全てがJAMのバイヤーによって海外で1着1着厳選された逸品◎この機会にリーバイスのアイテムをぜひ古着屋JAMで入手してくださいね!

 
リーバイスのヴィンテージジーンズ一覧 リーバイス商品一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+