バイヤーのヴィンテージ買付け日誌

オーバーオールの魅力。

毎度ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

古着屋JAM 京都店OPEN

image4

住所:京これ都府京都市中京区海老屋町317

twitter:@JAM_KYOTO

instagram:@furugiya_jam_kyoto

 

プリント

こんなお得な企画もやってます。

是非お願いします。

 

今日は個人的に買い付け時のバトルユニフォーム化してるアイテム

オーバーオールです。

まずはこの寒い時期もってこいなやつ

image1

 

40’S USNのデッキパンツ

これ非常に温かいんです。

ライニングはウールシェルで完全に寒い海の上で作業する人のことが考えられたやつ。

image3

フック式に変わる前のジップ剥き出しのやつ

フロントは上までジッパーではなし仕様のタイプです。

 

image4

MEDIUMです。

バイク乗る時に

何かしらパンツの上から履けるぐらいのサイズがちょうどいい

 

image2

ボタン

image5

背面には嬉しいステンシルも残ります。

ワークウェアのオーバーオールとは違い

ポケットなどの使い勝手の良さよりは

防寒重視でこの時期大活躍します。

デッキパンツ

 

 

次はドSP

image1 (1)

 

貴重な30’S頃のFINK’Sのオーバーオール

image2 (1)

ビブは1ポケだけで珍なやつ

RED BARにはまだ何も記されてないやつです。

 

image3 (1)

ボタン

玉数少なめピンストライプヒッコリー

 

image4 (1)

ボタンフライにまでFINCKSの刻印があります

 

image5 (1)

背中にある例の豚がとてもかっこいいです。

少し大きめサイズでドカっと着てもらうのがまた良い感じかと。

冬にはレイヤード

夏には主役となるSPオーバーオール。

かっこいいです。

 

おわり

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+