トピックス ブログ メンズ レディース ヴィンテージ用語・古着知識

ミリタリージャケットの種類を解説~おすすめの着こなしもご紹介~

militaryjk_blog_02

種類豊富な「ミリタリージャケット」は、メンズ・レディース問わず人気の高いアイテムです。

高い機能性を実現するための、無駄のないデザインによって、実用品としてはもちろんですが、ファッションアイテムとしても広く認知されています。

幅広く認知されながらも、「M-65」や「M-51」、「MA-1」などの種類の多さから、違いがよく分からない方もいるのではないでしょうか。

今回は、「ミリタリージャケット」の特徴や着こなしを種類別に解説致します。

是非最後までご覧ください。

「ミリタリージャケット」の種類はどのようなものがあるのか

古着屋JAMのミリタリージャケット

・「M-65ジャケット」

・「M-51ジャケット」

・「BDUジャケット」

・「ジャングルファティーグジャケット」

・「ライナージャケット」

・「MA-1ジャケット」

沢山の種類が存在する「ミリタリージャケット」。

「ミリタリージャケット」とは軍人が着用するジャケットの総称です。

実践を想定した軍服として作られたため、細部のアップデートが何度も行われてきました。

考え抜かれたデザインは、開発された当時の最新の機能性を持ち合わせています。

「M-51」や「M-65」といった、それぞれのモデル名には、そのモデルが制式採用された年号が与えられます。

したがって、「M-51」や「M-65」などの”51″や”65″は、それぞれ1951年と1965年を表しています。

そのため、年代が進むにつれて何度も改良された「ミリタリージャケット」には沢山の種類が存在します。

さらに部隊や用途によって、生地の分厚さや色味、デザイン自体が大きく異なるため、多くの「ミリタリージャケット」が存在する理由となっています。

それを踏まえた上で、「ミリタリージャケット」は、大きく分けて二つにわけることができます。

一つは、陸地の戦闘で使用される野戦用の「フィールドジャケット」。

もう一つは、航空機に搭乗するパイロットが着用するために製造された「フライトジャケット」です。

今回は、「フィールドジャケット」と「フライトジャケット」から計6種類の「ミリタリージャケット」をご紹介いたします。

【ミリタリージャケットの一覧はこちら】

ミリタリージャケットの種類「M-65ジャケット」

militaryjk_blog_06
70~80年代 米軍 M-65 3rd ミリタリー フィールドジャケット メンズXL

・「M-65ジャケット」とは

恐らく野戦用の「フィールドジャケット」で一番有名なモデルが、こちらの「M-65」になります。

「フィールドジャケット」の系譜で、1965年にアメリカ軍の野戦用のジャケットとして採用されました。

1965年の採用から2008年まで、約40年間以上の長い期間、アメリカ軍の戦闘服として使用されていました。

その事実は、何度もアップデートが繰り返された「フィールドジャケット」の歴史の中で、1つの完成形であることを証明しています。

特徴として、防寒対策として採用された立ち襟(スタンドカラー)が挙げられます。こちらの立ち襟の中には、フードが内蔵されていて、前身モデルの「M-51」では取り外し式だったものが、収納が自由に効くようになった改良が見られます。

その他にも、前側に付いた4つのフラップポケット、綿テープを使った袖口、取り外し自由なライナーといったディティールに、コットン生地からナイロン混紡生地への変更などが挙げられます。

そのデザイン性の高さから、多くのファッションブランドがデザインのリソースとしたり、タウンユースのモデルをリリースしたりしています。

【M-65ジャケットの一覧はこちら】

・ミリタリージャケットを使った着こなし「M-65ジャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット
古着屋JAM 堀江店 佐藤のコーデをご紹介します。
「M-65ジャケット」を使った男らしいワーク×ミリタリーコーデです。ブーツやカーゴパンツといった武骨なアイテムに、ドレッシーな白シャツを合わせて抜け感を演出しております。

⇨古着屋JAM堀江店 スタッフのコーディネート一覧

⇨JAMスタッフのミリタリージャケット コーディネート一覧

ミリタリージャケットの種類「M-51ジャケット」



古着屋JAMのミリタリージャケット

希少サイズ 59年納品 米軍実品 U.S.ARMY M-51 ミリタリー フィールドジャケット USA製 LONG SMALL メンズM

・「M-51ジャケット」とは

前述した後継モデルの「M-65」の前身となるのが、こちらの「M-51」。

同じく「フィールドジャケット」として、1951年にアメリカ軍の野戦用のジャケットとして採用されました。

前身のモデルの「M-43」から取り外し自由なライナー、比翼の前立てファスナー式にアップデートされています。

特徴として、エポレットや通常襟、4つのフラップポケット、取り外し自由なライナーなどが挙げられます。襟以外のディティールは、「M-65ジャケット」と基本的にほとんど同じと言えます。

・「M-51」=”モッズコート”ではない?

ここで留意したいのが、「M-51」=”モッズコート”というイメージをされる方が多い点です。

「M-51」の”51″ は採用された年の1951年の事を指しています。しかし「M-51」は、この年に採用されたモデルの総称を表すために、パーカやパンツなどといった、ジャケット以外のアイテムも存在します。

いわゆる”モッズコート”は「M-51パーカ」のことで、「M-51フィールドジャケット」の上に防寒のために着用されるための軍服となっております。

後継モデルの「M-65」も同様に、「M-65フィールドジャケット」の上に防寒のために着用する「M-65パーカ」が存在します。

「M-65」=”フィールドジャケット”、「M-51」=”モッズコート”と認識されやすいのは、こういった経緯となっております。

【M-51ジャケットの一覧はこちら】

・ミリタリージャケットを使った着こなし「M-51ジャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット
「M-51ジャケット」をアウター感覚でカジュアルコーデにプラス。
デニムやパーカーといったオーソドックスなアメカジアイテムとの相性は抜群です。

⇨JAMスタッフのミリタリージャケット コーディネート一覧

ミリタリージャケットの種類「BDUジャケット」


古着屋JAMのミリタリージャケット

03年製 米軍実品 ウッドランドカモ 迷彩 BDU ミリタリージャケット SMALL-XLONG メンズS

・「BDUジャケット」とは

「BDU」とは、”バトル・ドレス・ユニフォーム(Battle Dress Uniform)”の略称で、いわゆる戦闘服のことです。

陸軍、海軍、空軍の戦闘服を統一するために開発された「フィールドジャケット」と言われています。

特徴として、少し大きめの襟、4つのフラップポケット、フロントの比翼仕立てが挙げられます。

最大の特徴はリップストップ生地が採用されている点です。リップストップ(ripstop)生地とは、コットン、ナイロン、ポリエステル素材の生地に、格子状にナイロン繊維が縫い込こまれた生地のことです。
耐久性が高いため、裂けにも強く、何十回の洗濯にも耐えられる非常に実用性のある生地です。

また「BDU」で、代名詞とも言えるのが”ウッドランド”という1981年に採用されたカモフラージュ柄です。
森林地帯(=ウッドランド)での着用を想定して開発され、”カモフラージュ柄”の代名詞的な傑作パターンです。

【BDUジャケットの一覧はこちら】

・ミリタリージャケットを使った着こなし「BDUジャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット
古着屋JAM 堀江店 石井のコーデをご紹介します。
辛口のカモフラージュ柄の「BDUジャケット」を女性らしいスカートと合わせて、甘辛ミックスなコーデとなっております。

⇨古着屋JAM堀江店 スタッフのコーディネート一覧

⇨JAMスタッフのミリタリージャケット コーディネート一覧

ミリタリージャケットの種類「ジャングルファティーグジャケット」


古着屋JAMのミリタリージャケット

69年納品 米軍実品 ジャングルファティーグジャケット 5th ミリタリー コンバットジャケット USA製 MEDIUM-REGULAR メンズL

・「ジャングルファティーグジャケット」とは

「ジャングルファティーグ」は、「コンバットトロピカルコート」とも呼ばれており、
1960年代前半にベトナム戦争の高温多湿な気候に対応するため開発された「フィールドジャケット」です。

使用された約10年の間で、生産時期によってディティールが異なり、1stから4thのモデルに分類されます。

特徴は取り出しやすさを考慮し、斜めに配置されたフラップポケットです。

また熱帯気候に対応するための軽やかな生地感が魅力です。生産時期によって使用されている生地は異なりますが、4thタイプのものには、「BDU」と同様にリップストップ生地が採用されています。

ヴィンテージアイテムとして、近年特に人気が高まるアイテムとなっております。

【ジャングルファティーグジャケットの一覧はこちら】

・ミリタリージャケットを使った着こなし「ジャングルファティーグジャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット
薄手の「ジャングルファティーグジャケット」は、ジャケット感覚で着用。
ネクタイなどのドレッシーなアイテムと合わせてミリタリーアイテム特有の土臭さを和らげています。

⇨JAMスタッフのミリタリージャケット コーディネート一覧

ミリタリージャケットの種類「ライナージャケット」


古着屋JAMのミリタリージャケット

84年納品 米軍実品 M-65 ミリタリー ライナージャケット USA製 MEDIUM レディースL

・「ライナージャケット」とは

「ライナー」とは、防寒用のインナーのことです。前述した「M-65」や「M-51」に付属し、自由に着脱が可能です。

ジャケットとパーカーどちらにも装着が可能で、キルティングやパイルなどを使用して防寒性を高めています。

写真のものは、前述した「M-65」のもので、本体と同色のカーキ色が特徴的です。

本来はインナーとして着用するものですが、ライトアウターとして丁度良い分厚さで、ジャケットやパーカーと使い分けることが可能です。

【ライナージャケットの一覧はこちら】

・ミリタリージャケットを使った着こなし「ライナージャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット
古着屋JAM 堀江店 石井のコーデをご紹介します。
インパクトがある「ライナージャケット」とパンツの色味を揃えてワントーンコーデに。
ウエストのスカーフやレザーシューズで引き締め、大人カジュアルな印象に仕上げています。

⇨古着屋JAM堀江店 スタッフのコーディネート一覧

⇨JAMスタッフのミリタリージャケット コーディネート一覧

ミリタリージャケットの種類「MA-1ジャケット」


古着屋JAMのミリタリージャケット

民間品 アルファ ALPHA MA-1タイプ ミリタリー フライトジャケット USA製 メンズM

・「MA-1ジャケット」とは

「MA-1」は1957年に米軍空軍に支給された「フライトジャケット」となります。正式名称は「ジャケット・フライヤーズ・男性用インターメディエートタイプMA-1」です。

傑作中の傑作で、最も愛用された「フライトジャケット」といっても過言ではありません。

革製ものが多かった「フライトジャケット」が、需要拡大や実用性を高める目的でナイロン製にアップデートされました。前身モデルの「B-15」のムートンの襟を取り払い、リブのニット襟に変更されました。
太めのシルエットや、ツルツルとした生地は実用性とデザイン性を兼ね揃えています。

【MA-1ジャケットの一覧はこちら】

・ミリタリージャケットを使った着こなし「MA-1ジャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット
古着屋JAM 堀江店 宮崎のコーデをご紹介します。
「MA-1ジャケット」を使ったアメカジ×ミリタリーコーデです。
コンパクトなシルエットの「MA-1ジャケット」は、全体的にルーズなシルエットでも、そのシンプルさがコーデを引き締めてくれます。

⇨古着屋JAM堀江店 スタッフのコーディネート一覧

⇨JAMスタッフのミリタリージャケット コーディネート一覧

どの種類も人気の「ミリタリージャケット」

古着屋JAMのミリタリージャケット

いかがでしたか?

何度も改良を加えたデザインの「ミリタリージャケット」はまさに究極の実用性を兼ね備えております。

その実用性とデザインは、ファッションアイテムとして広まり、例年トレンドアイテムとして浮上するほどです。

そんな魅力たっぷりの「ミリタリージャケット」の種類の数々を、ぜひ、古着屋JAMでチェックしてみて下さい。

【ミリタリージャケットの一覧はこちら】

※古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物です。販売するにあたって、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。

【品質ポリシーについて】

ミリタリーコートの種類をご紹介~モッズコートとの違いも解説~

「ロイヤルネイビー(イギリス海軍)」カーゴパンツの魅力を徹底解説