コーディネート トピックス メンズ レディース

《2021年》フリースジャケットのおすすめブランドをご紹介!

fleece_blog_01

メンズ・レディース問わず大人気の「フリースジャケット」は、2021年も引き続き目が離せません。

アウターにもインナーにも使えるということもあり、秋冬のマストアイテムの1つとも言えます。

今回は、そんな「フリースジャケット」の魅力やコーデから、パタゴニアやノースフェイスといった、おすすめブランドまでご紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

フリースとは?

フリース生地
元来、フリースとは、羊一頭から刈り取った、ひとつながりの羊毛のことを指します。

しかしながら、現在のフリースのほとんどは、石油が原料のPET(ポリエチレンテレフタラート)と呼ばれる、ペットボトルと同じ原料の、ポリエステルの一種から作られた繊維素材です。

石油由来のポリエステル繊維を起毛加工し、繊維自体に保温性・強度・撥水性を後付け加工することができ、非常に幅広い用途で使用されています。

1970年代にモールデンミルズ社が開発し、アウトドア用品を手掛けるパタゴニアとの共同開発で、フリースの元祖ともいえるシンチラフリースが開発されました。

軽く、暖かく、扱いやすいフリースは瞬く間に広がり、今日では最も一般的に使用されている素材の一つとなっています。

【「フリースジャケット」商品一覧】

フリースジャケットの魅力

ここからは、そんな機能性の高いフリース素材を使った「フリースジャケット」の魅力についてご紹介いたします。

「フリースジャケット」の魅力①保温性が高く暖かい

フリースジャケットの生地
「フリースジャケット」の一番の特徴と言っても過言ではないのは、高い保温性です。

パイル地の表裏を起毛させ、繊維と繊維の間に暖かい空気を含むことにより、体から放出される熱を逃さず、外気を遮断するので、高い保温性を実現しています。

フリースの毛足が長ければ長いほど、多くの空気を含むため、より暖かいとされています。

「フリースジャケット」の魅力②軽量で動きやすい

フリースを沢山持つ人
ブランドによって異なりますが、「フリースジャケット」は軽量のものが多いです。

フリース生地の原料となるポリエステル繊維は、繊維の体積を増やすように軽い布地に織り込まれ、起毛処理するため、軽量さを実現することができます。

軽量のため、着脱して持ち運ぶことが多いアウトドアシーンやスポーツシーンにおいても重宝されていて、着こんでも重くならないのは非常に魅力的です。

「フリースジャケット」の魅力③どんなシーンでも使いやすい

街着としてフリースを着る人
アウトドアシーンで使用されることを想定して作られた「フリースジャケット」ですが、色鮮やかなものから、タウンユースでも着用できるスタイリッシュなものまで多種多様です。

アウトドアブランドからも、シンプルなデザインで、保温性や通気性、ストレッチ性が高いものが数多くリリースされているため、幅広いシーンに対応できるウェアの一つとなっています。

【「フリースジャケット」商品一覧】

フリースジャケットのメンズコーデ5選

ここからは、「フリースジャケット」を使ったコーデをご紹介いたします。

「フリースジャケット」を使ったメンズコーデ①

フリースジャケットのメンズコーデ
モデル身長:177cm
着用サイズ: メンズL相当

ブラックの「フリースジャケット」を使ったコーデ。オールブラックでまとめることによって、カジュアルテイストになりがちな「フリースジャケット」も、シティボーイ感あふれる雰囲気を演出できます。

「フリースジャケット」を使ったメンズコーデ②

フリースジャケットのメンズコーデ
モデル身長:171cm
着用サイズ: メンズM相当

グレーの「フリースジャケット」を使ったコーデ。パタゴニアの名作「フリースジャケット」である、シンチラスナップTは、インナーとしても大変頼れる存在です。

「フリースジャケット」を使ったメンズコーデ③

フリースジャケットのメンズコーデ
モデル身長:178cm
着用サイズ: メンズXL相当

ミリタリーの「フリースジャケット」の、通称“ベアジャケット”を使ったコーデ。深みのあるブラウンはコーデに馴染みやすく、ミリタリーアイテムのため機能性はピカイチです。

「フリースジャケット」を使ったメンズコーデ④

フリースジャケットのメンズコーデ
モデル身長:168cm
着用サイズ: メンズL相当

総柄の「フリースジャケット」を使ったコーデ。アウトドアシーンを想定して作られた「フリースジャケット」は、色柄が豊富で、綺麗な発色も嬉しいポイント。コーデのアクセントにピッタリです。

「フリースジャケット」を使ったメンズコーデ⑤

フリースジャケットのメンズコーデ
モデル身長:179cm
着用サイズ: メンズXL相当

「フリースジャケット」の名作、パタゴニアのレトロカーディガンを使ったコーデ。ネルシャツと合わせてアウトドアミックスに仕上げながらも、インナー見せやタックインでカジュアルすぎない印象に仕上げています。

【「フリースジャケット」を使ったコーディネート一覧】

【「フリースジャケット」商品一覧】
 

フリースジャケットのおすすめブランド10選

ここからは、「フリースジャケット」のおすすめブランドを紹介いたします。

ぜひ、お気に入りの1着を見つけてみてください。

パタゴニアの「フリースジャケット」

パタゴニアのフリースジャケット
「フリースジャケット」といえば、まずパタゴニアを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

前述の通り、1985年に現在の「フリースジャケット」の元祖となるシンチラを開発したパタゴニアは、現在でも「フリースジャケット」の代名詞として君臨し続けています。

レトロXやシンチラスナップTなど、様々な「フリースジャケット」の名作を輩出したパタゴニアは必見です。

【パタゴニアの「フリースジャケット」商品一覧】

ノースフェイスの「フリースジャケット」

ノースフェイスのフリースジャケット
1968年に、カリフォルニア州サンフランシスコで設立されたノースフェイスは、高機能ながらも無駄のないミニマルなデザインが特徴です。

同ブランドの名作「フリースジャケット」であるデナリジャケットやデナリフーディーは、現在でも高い人気を誇っています。

【ノースフェイスの「フリースジャケット」商品一覧】

ラルフローレンの「フリースジャケット」

ラルフローレンのフリースジャケット
1967年、ネクタイの販売業からスタートしたラルフローレンは、イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、アメリカントラッドやアイビーファッションを代表するブランドです。

【ラルフローレンの「フリースジャケット」商品一覧】

コロンビアの「フリースジャケット」

コロンビアのフリースジャケット
1983年にオレゴン州で誕生したコロンビアは、アウターやスポーツウェア、バックパックなどのアウトドアアイテムを製造・販売しています。

独自開発テクノロジーを数多く生み出し、多くのアウトドアブランドに影響を与える品々をリリースし続けています。どこかレトロテイストなデザインが多く、カジュアルスタイルにも使いやすいブランドです。

【コロンビアの「フリースジャケット」商品一覧】

エルエルビーンの「フリースジャケット」

エルエルビーンのフリースジャケット
1912年にレオン・レオンウッド・ビーンにより設立された創業100年を超える老舗ブランド。

カジュアルファッションからアウトドア用品やトラベル用品までを取扱っており、クラッシックなファッションアイテムに定評があります。

【エルエルビーンの「フリースジャケット」商品一覧】

トミーヒルフィガーの「フリースジャケット」

トミーヒルフィガーのフリースジャケット
1984年にデザイナー自身の名を冠し手設立したアメリカのアパレルブランド。

カジュアルであるながらも、どこか上品さを兼ね備えた物が多いのが特徴です。幅広い年代の人々に支持され、ビジネスシーンからスポーツシーンに合うアイテムまでリリースしています。

【トミーヒルフィガーの「フリースジャケット」商品一覧】

チャンピオンの「フリースジャケット」

チャンピオンのフリースジャケット
1919年にアメリカのニューヨーク州で創立されたのが、チャンピオン。

リバースウィーブといったスウェットが代名詞のブランドですが、「フリースジャケット」もシンプルなデザインや使い勝手の良さから、高い人気を誇ります。

【チャンピオンの「フリースジャケット」商品一覧】

ノーティカの「フリースジャケット」

ノーティカのフリースジャケット
1983年にデビッド・チュウという在米中国人デザイナーが旗揚げしたブランド。

メンズ・レディース・キッズといったアパレルに限らず、アクセサリーや香水、インテリアといった幅広いジャンルまで手掛けるブランドです。

【ノーティカの「フリースジャケット」商品一覧】

アディダスの「フリースジャケット」

アディダスのフリースジャケット
スポカジスタイルの定番アイテムでいつの時代も高い人気を誇ります。

レトロテイスト溢れるスタイル、センスあるデザインや配色がとてもオシャレで幅広いスタイルにマッチします。

【アディダスの「フリースジャケット」商品一覧】

ミリタリーの「フリースジャケット」

ミリタリーのフリースジャケット
「フリースジャケット」を選ぶなら、ミリタリーものを選ぶこともおすすめです。

ECWCSという米軍が開発した極寒冷地被服のレイヤリングシステムに組み込まれたミッドレイヤー用の「フリースジャケット」です。

重ね着を前提とした、スッキリとしたシルエットが特徴。ミリタリーらしい、無駄のない機能的なつくりが魅力的です。

【ミリタリーの「フリースジャケット」商品一覧】

 

この冬おすすめのフリースジャケットで冬を乗り越えて!

フリースジャケット
いかがでしたでしょうか。

「フリースジャケット」は、高い保温性を持ちながらも、軽量で扱いやすい点が人気を博し、現在でも数多くのブランドからリリースされています。

冬の凍えるような寒さでも、軽くて暖かい「フリースジャケット」であれば容易に乗り越えれます。

古着屋JAMでは、そんな「フリースジャケット」を多数取り揃えております。是非、お気に入りの一着を見つけてみてください。

【「フリースジャケット」商品一覧】

※古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物です。
販売するにあたって、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。

【品質ポリシーについて】