トピックス ブログ メンズ レディース ヴィンテージ用語・古着知識

「パタゴニア」フリースおすすめ10モデル!人気の理由や魅力、コーデまで徹底解説!

fleece_blog_01

アメリカ発のアウトドア、スポーツウェアブランドの代表格「パタゴニア(Patagonia)」といえば、まずフリースアイテムを連想する方も多いのではないでしょうか。

機能性の高いものの多い「パタゴニア」フリースには、他にも魅力的な要素ががたくさん詰まっています。

今回は、古着屋JAMでも人気ブランドの一角を担う「パタゴニア」フリースにフォーカスし、様々な角度からご紹介していきます。

是非最後までご覧ください。

「パタゴニア」フリースが愛され続ける理由

多くの人々から愛される「パタゴニア(Patagonia)」フリースが、今なお人気であり続ける理由にはどういった部分があるのでしょうか。

ここからは、その理由について紐解いていきたいと思います。

“フリースの元祖”であるパイオニアブランド

パタゴニアフリース

昨今、様々なブランドよりリリースされるフリースアイテムですが、そのフリースを世界で初めて開発したのは、まさに「パタゴニア(Patagonia)」であります。

創業者であるイヴォン・シュイナード氏は、繊維メーカーのポーラテック社(旧モルデン・ミルズ社)とともに、1977年に、世界初のフリースジャケットである「パイルジャケット」を誕生させました。

高い保温性と速乾性をもつパイル素材(フリース素材)を用いた同モデルは、その機能性の高さから、当時、画期的なアイテムとして多くのクライマーより支持を集めました。

開発後も長らく多くの支持を得る「パイルジャケット」ですが、2つの欠点があることが判明しました。
それは、「ピリング(毛玉)の起こりやすさ」と、「染色時の発色のでにくさ」です。

イヴォン・シュイナード氏は、これらを解消すべく、再びポーラテック社(旧モルデン・ミルズ社)と手を組み、1985年に現在でも爆発的人気を誇るシリーズのひとつ「シンチラ」を誕生させました。

この「シンチラ」とは、生地の両面を起毛させた、商標をもつフリース素材のことで、前述の課題であった2点を、見事に解消することに成功しました。
これらに加えて、高い通気性と、洗濯可能といった当時最先端であった機能性が追加され、「パタゴニア」フリースは再び大きな脚光を浴びます。

「シンチラ」誕生より、鮮やかな色味のフリースを生産できるようになったことで、クライマーのみならず、ファッション感度の高い人々からも注目され、これがきっかけで認知度がさらに拡大します。

アウトドア界に革命を起こした「パタゴニア」フリースですが、イヴォン・シュイナード氏は、当時特許を敢えて取らない選択をしたことも、フリースアイテムがこれだけ多くの人々に愛されている理由でもあります。

 

幅広い”デザイン”と”機能性”の選択肢

多種多様なパタゴニアのフリース
「パタゴニア」フリースには大きく2つのタイプが存在します。
1つは、レトロな印象のデザイン性の高い「カジュアル」タイプ、もう1つは機能性を高めた「テクニカル」タイプです。

後述の【「パタゴニア」フリースの人気・代表モデル】で詳しく紹介していきますが、代表的なモデルは、「レトロXジャケット」「レトロXベスト」「シンチラスナップT」のようなレトロデザインの、所謂「ローテク」のもののことを指し、これらはブランドアイコンにもなっている名作モデルが多いことが特徴です。

どこか愛らしいデザインの「カジュアル」タイプは、長い時が経つ、現在でも大変人気が高く、廃番モデルも多数あることから、希少なものが多くあります。

もう一方の「テクニカル」タイプは、突出した高い機能性をもつモデルが多いことが特徴ですが、その中でも究極のスペックをもつ「R2ジャケット」は格別です。
大変過酷な環境下の世界最高峰の山々に挑む、多くのクライマーたちも、この「R2ジャケット」の愛用者が多いことも事実です。

そんな、デザインと機能性のどちらも持ち合わせた「パタゴニア」フリースは、どのモデルも水分に強いというメリットもあり、家庭用の洗濯機で洗濯が可能です。

デザイン性・機能性・使いやすさの、三拍子がしっかりと揃った「パタゴニア」フリースは、こうしたことからも多くの方に愛されています。

 

環境に配慮した”ものづくり”

パタゴニアロゴ
ここまで機能性やデザイン性などの表面的な部分で説明しましたが、実は「パタゴニア」は、環境に対する意識も非常に強いブランドで、環境保全に対して、しっかりとした考え方をもつ数少ないブランドです。

創業者のイヴォン・シュイナード氏は、もともと鍛冶屋であり、クライマーでした。
彼は、クライミングで使う、再生利用可能な「ピトン(登山道具)」を自作し、世の中に広く浸透させましたが、環境へのダメージが深刻化する事を恐れ、自身で製造を中断したのです。
彼の「自然のあるべき姿を大切にする」という環境保全への考え方は、現在の「パタゴニア」の企業理念にも強く浸透されています。

例えば、1980年代半ばから再生紙を使ったカタログ制作への切り替えや、1994年からコットン製のウェアを全てオーガニックコットンへ切り替える取り組みを行っています。
さらには、開発した「フリース」の原料はポリエステルですが、これらはペットボトルから再生したポリエステルを使用しているという徹底ぶりです。

こうした昨今注目されている「サスティナブル(持続可能)」な取り組みを、いち早く取り入れていることで、外見的な部分だけでなく内面的な部分でも支持されています。

また、「パタゴニア」は、修理サービスも大変優れており、製品開発の際に、修理ができることを必須条件としています。

こうした充実のアフターサービスが整っているおかげで、「パタゴニア」製品を長く愛用することができ、より良い循環を生んでいます。

【「パタゴニア」フリース商品一覧】

 

「パタゴニア」フリースの人気・代表おすすめモデル

「パタゴニア」フリースには、現行でも発売後即完売のものや、廃盤によって高い希少価値の付くものなど人気モデルが数多く存在します。

ここからは古着屋JAMでも人気のおすすめモデルをご紹介します。

・「シンチラスナップT」・「シンチラベスト

・「レトロXジャケット」・「レトロXベスト

・「クラシックレトロカーディガン

・「ベビーレトロカーディガン

・「リズムフーディ」・「グリセード

・「R2ジャケット」・「ベターセーター

シンチラ スナップT

シンチラスナップT
14年製 パタゴニア Patagonia SYNCHILLA シンチラ スナップT 25450FA14 総柄 フリースプルオーバー メンズL

「パタゴニア」フリースの元祖ともいえるのが、こちらの「シンチラ スナップT]。

「シンチラ」とは、商標をもつフリース素材のことを指します。

保温性、速乾性に優れていて、柔らかい肌触りが特徴で、スナップボタンで開閉可能なプルオーバーデザインは、どこかレトロな雰囲気を醸し出していて、「パタゴニア」ロングセラーアイテムの1つです。

【「シンチラ スナップT」商品一覧】

シンチラベスト

eaa100215_01_detail
パタゴニア Patagonia SYNCHILLA シンチラ フリースベスト レディースL

「シンチラ」シリーズより、ベスト型の「シンチラベスト」。

機能的な部分は「シンチラ スナップT」とほぼ同様ですが、スリーブレスのデザインですので動きやすさの向上はもちろん、レイヤード(重ね着)を楽しむこともできます。

【「シンチラベスト」商品一覧】
 

レトロXジャケット

レトロXジャケット
90年代 パタゴニア Patagonia Rマークタグ 初期前期型 レトロXジャケット フリースジャケット USA製 メンズM ヴィンテージ

「パタゴニア」フリースの中でも、1、2を争う代表モデル、1993年から製造が開始された「レトロXジャケット」です。

厚みある毛足8mmのフリースに抗菌防臭加工、防風性能も搭載、裏地に防風性のフィルムが施されており、より風を通さない仕様に。

中の蒸気を発散する、メッシュ生地となっているので、蒸れの心配もなく安心の機能性です。

フロントポケットの切替素材のイメージが強い「レトロXジャケット」ですが、添付の、発売当初の90年代の初期モデルには、切替ポケットがついておらず、現行モデルに比べシンプルなデザインです。

【「レトロXジャケット」商品一覧】

レトロXベスト

レトロXベスト
14年製 パタゴニア Patagonia ナチュラル×ネイビー クラシックレトロXベスト 23047FA14 フリースベスト メンズXL

「レトロXジャケット」のベスト型である「レトロXベスト」。

「レトロXジャケット」の機能をそのまま引き継いでいるため、もちろん保温性は抜群です。

ベストタイプは、様々なトップスやアウターにもレイヤードできるため、コーディネートの幅が広がるアイテムとなっております。

【「レトロXベスト」商品一覧】

クラシックレトロカーディガン

クラシックレトロカーディガン
90年代 パタゴニア Patagonia レトロカーディガン フリースジャケット USA製 メンズM

「レトロX」シリーズの原型となっているのが、この「クラシックレトロカーディガン」です。

「クラシックレトロカーディガン」は、1988年~90年までのまずか3年間のみ製造された「レトロパイルジャケット」を復刻し、2000年~05年に製造されました。

「レトロX」が毛足8mmのフリースを使用しているのに対して、「クラシックレトロカーディガン」は、毛足13mmのフリースを使用しているため、より温かみのある印象です。

また、「レトロX」同様に、裏地にはメッシュ素材を採用することで、通気性を高めています。

【「レトロカーディガン」商品一覧】

ベビーレトロカーディガン

ベビーレトロカーディガン
90年代 パタゴニア Patagonia エッグプラント ベビーレトロカーディガン フリースジャケット USA製 メンズL

1988年~90年までのわずか3年間のみ製造された「レトロパイルジャケット」の後継モデルである「ベビーレトロカーディガン」です。

1991年~92年のほんの2年間のみの販売で、市場価値も年々高まっているモデルです。

この当時のモデルは、サイズ感が大きめのUSA規格サイズではなく、日本規格のサイズ感に近く、通常よりもやや小さめの作りとなっています。

こちらも裏地に、吸汗発散効果の高いメッシュを使用しています。
翌年の1993年に登場する「レトロX」は、裏地に防風フィルムが貼られているので、通気性のよい「レトロカーディガン」と、防風性の高い「レトロX」との棲み分けが可能です。

【「レトロカーディガン」商品一覧】

リズムフーディ

リズムフーディー
希少レア パタゴニア Patagonia レトロリズムフーディ 20930FA フーデッド フリースジャケット USA製 メンズL

2003年に「パタゴニア」フリースのクライミングラインである”rhythm(リズム)”ラインから登場したモデル「リズムフーディ」。

「パタゴニア」フリースの中でも、珍しいフードディティール、大きめのサイズ感が、廃盤となった現在でもファンの多い大変希少なモデルです。

こちらも、わずか3年間しか製造されなかったため、市場流通が少なく、希少性が高いものとなります。

【「リズムフーディ」商品一覧】

グリセード

グリセード
90年代 パタゴニア Patagonia シンチラグリセード 29351 F0 プルオーバー ナイロンxフリースジャケット USA製 メンズS

「パタゴニア」フリースの隠れた名作、リバーシブル仕様の「グリセード」です。

1990年代の「パタゴニア」を代表する本モデルは、1980年代の後半から1998年までの約10年間のみ製造されたモデルです。

特徴は、前述のとおり、リバーシブル仕様であることで、リップストップナイロン生地、毛足6mmのフリース生地を使用した両A面仕様の人気モデルです。

急な降雨や強風などといった、天候が急激に変わるアウトドアシーンに、ナイロン生地を表面にし着用することができたりと、シーン毎での対応が可能です。

【「グリセード」商品一覧】

R2ジャケット

R2ジャケット
希少サイズ 00年製 パタゴニア Patagonia レギュレーターR2 25130 POLARTEC ポーラテック フリースジャケット USA製 メンズXS

激しい運動にも対応できるような機能的なモデルの多い「テクニカルフリース」の中でも特に人気の高い「R2(アールツー)ジャケット」。

「R2」の”R”は、”レギュレーター”の略称で、「パタゴニア」フリースには、軽量・高性能の「Rシリーズ」が存在します。

この「Rシリーズ」には、R1~R4までの保温性がありますが、こちらの「R2ジャケット」は、そのバランスが最も優れていると言われています。

特徴として、全てのポケットの裏側にメッシュが貼られており、少しでも暑さを感じたら、ジッパーを開けることで外気を逃がすことができます。

短毛の「フリース」を使用されていますが、保温性は抜群です。

可動域である肘~脇にかけては、より通気性・伸縮性の高い素材を使用されています。

防風性のあるアウターの中に着込むことで、ダウン並みの暖かさを実現できることから、”究極の中間着”とも呼ば、世界中のクライマーたちからも厚い信頼と支持を得ています。

【「R2ジャケット」商品一覧】

ベターセーター

ベターセーター
16年製 パタゴニア Patagonia ベターセーター 25542SP16 フリースジャケット レディースXL

隠れた名作モデルの「ベターセーター」。

2008年に発売された、「ベターセーター」の特徴は、表地がセーター生地で、裏地がフリースとなっている点です。

他モデルが比較的起毛感の強い「パタゴニア」フリースですが、こちらの「ベータ―セーター」は、短めの毛足で女性人気も高いモデルです。

裏地はフリースなので、もちろん保温性は申し分なく着用できます。

ハンドウォーマーポケットで手先を温め、立襟の内側には、シッパーの金具が身体に触れないためのチンガード付きで、要所に着る人のことを考えられたディティールワークが施されています。

タウンユースとしても、ライトなアウトドアシーンでもおすすめのモデルです。

【「ベターセーター」商品一覧】

 

「パタゴニア」フリースを使ったコーディネート

ここからは、「パタゴニア」フリース人気・代表モデルを使ったコーディネートをご紹介いたします。

「シンチラスナップT」を使ったメンズコーディネート

シンチラスナップTコーデ
モデル身長173cm

「パタゴニア」シンチラスナップTを使ったメンズコーディネート。
ビビッドなカラーを引き立たせるために、他のアイテムはダークトーンでまとめて、メリハリをつけています。

「シンチラベスト」を使ったレディースコーディネート

シンチラベストコーデ
モデル身長160cm

柔らかな質感がたまらないシンチラ素材。レトロさを感じるデザインは、古着アイテムと相性抜群です。

「レトロXジャケット」を使ったレディースコーディネート

レトロXジャケットコーデ
モデル身長155cm

使いやすいベージュ色の「レトロXジャケット」は、カジュアルコーデに馴染みやすく、重宝すること間違いなしです。

「レトロXベスト」を使ったメンズコーディネート

レトロXベストコーデ
モデル身長178cm

同系色のスウェットにオンするだけで、コーディネートに奥行ができます。
コーディネートに幅を広げたいなら、ベストがおすすめです。

【フリースジャケットを使ったコーディネート一覧】

「ベビーレトロカーディガン」を使ったレディースコーディネート

ベビーレトロカーディガンコーデ
モデル身長155cm

ビビットな色合いでも、フリース素材なら、どこか柔らかい印象に。
フリースにしか出せない色味のものを選ぶのもおすすめです。

【フリースジャケットを使ったコーディネート一覧】

「リズムフーディ」を使ったメンズコーディネート

リズムフーディ―コーデ
モデル身長170cm

オーバーサイズで、どこか可愛らしい印象の「リズムフーディ―」は、ラフに羽織ることで雰囲気を活かしています。

【フリースジャケットを使ったコーディネート一覧】

「R2ジャケット」を使ったメンズコーディネート

R2ジャケットコーデ
モデル身長170cm

アウトドア感漂うジャケットに、デニムやスニーカーなどを合わせてアクティブな印象に仕上げています。

【フリースジャケットを使ったコーディネート一覧】

【「パタゴニア フリース」商品一覧】

 

「パタゴニア」フリースは名作揃い

多種多様なパタゴニアフリース
いかがでしたでしょうか。

「パタゴニア」フリースは、環境保全に基づいた製品作りを創業当初から行い続けています。

世界のクライマーから信頼される確かな品質はもちろん、ファッション性の高いデザインは、多くの人に深く愛されて続けています。

古着やヴィンテージの「パタゴニア」フリースは、どれも雰囲気の良いものばかりで、人気モデルも多く、年々希少価値が高まっております。

古着屋JAMでは、希少なモデルや、人気モデルなど古着「パタゴニア」フリースを数多くご用意しております。

ぜひ、お気に入りの1着を見つけてみてください。

【「パタゴニア」フリース商品一覧】

パタゴニア商品一覧
【パタゴニア商品一覧】

※古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物です。
販売するにあたって、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。

【品質ポリシーについて】

9月16日(水)発売の雑誌『2nd (セカンド)』2020年11月号にタイアップ新企画「古着屋JAM TIMES」がスタート!

パタゴニア◇タグからわかる年代~古着好きなら要チェック!~