トピックス メンズ レディース

【古着辞典Vol.3】アメリカを代表するワークウェアブランド、カーハート(Carhartt)の魅力と歴史〜Part1〜

IMG_1499-2_eLINE

アメリカのワークウェアブランドの代表格、カーハート。ワークウェアでありながら、ファッションシーンにも取り入れられ、時代を超えて愛されるアイテムたち。生地が醸し出す独特の武骨さと、シンプルながらこだわりを感じられる上品なデザインが魅力的なブランドですね。今回は、そんなカーハート(Carhartt)の魅力と歴史をお伝えしていきたいと思います。

では、ご覧ください。

カーハートの魅力はズバリ”機能性”&”シンプルさ”

IMG_1457-2_eCarharttの代名詞とも言えるダックキャンバス生地は動きやすさとタフさが特徴。そんなカーハートのアイテムがファッションに取り入れられるようになったのは、ワークウェアとしての機能性だけではなく、ファッションウェアとしての”シンプルさ”が理由と言えるでしょう。いい意味で”普通”だからこそ、誰もが自分らしく着こなすことができるのです。洋服の本質とは、ここにあるのかもしれませんね。
現在は、アメカジだけではなくヒップホップ、ストリートなどのカルチャーシーンでも人気を博しており、古着界では、馴染みアタリ褪色感汚れさえもカッコ良い見た目に仕上がり、味のある雰囲気を楽しんで頂けるのが醍醐味です!

肌触りが良く汚れが目立ちにくいコーデュロイの襟、リベットで補強されたポケット、そして随所に施されたトリプルステッチがワークウェアならではのムードを醸し出しながら、その深みのある色で上品な雰囲気も味わえます。

 

「カーハート(Carhartt)」ブランド誕生と現在に至るまでの道のり

c0078587_23455751889年、社名を「ハミルトン・カーハート・マニュファクチュア」とし、わずか4台のミシンと5人の従業員でワークウェアの生産をスタートさせます。最初のプロダクトは、丈夫なダック地とデニムで作られた「オーバーオール」。これが今日まで続く「Carhartt」ブランド誕生の瞬間です。

カーハートのオーバーオールは、優れた耐久性と極上の着心地でアメリカンワークウェアのアイコンとなりました。

カーハートは当時”カー”と呼ばれていた路面電車と、ミシガン州を含むアメリカ合衆国中西部”ハートランド”をブランドの名に掛けて、通称「ハートマーク」と呼ばれるロゴを使用していましたが、1940年代の第二次世界大戦の影響による物資統制から、リベットを用いないアイテムや、ロゴ刻印のない月桂樹柄ボタンを使用したアイテムなどがカーハートでも販売されたのです。

1966年には、現在世界中で広く認識されている、通称「Cロゴ」をブランド・ロゴとして発表、そして5年後の1971年にはジーンズの製造にも乗り出し、ワーカーだけでなく、より多くの人たちが着用できるカジュアル・テイストのアイテムの販売をスタートさせました。

1989年に、大きな節目となるブランド設立100周年を迎え、この年に製造されたアイテムのタグやボタンには、「100 YEARS 1889-1989」の文字が施されました。
90年代に入ると、タフでリーズナブルなカーハートのプロダクツは数多くのHIP HOPアーティストに受け入れられ、ストリートウェアの代表的ブランドとしての地位も確立し、同時にヨーロッパや日本でもカジュアル・ウェアとして高い人気を集めていきます。

そして1997年にはデザインやシルエットをより現代的にアレンジした、ヨーロッパ発のカジュアル・ウェア・ライン〈Carhartt WIP〉をスタートさせたのです。

 

古着好きは要チェック!年代ごとのタグとディティールを紹介

年代別のタグと、特徴的なディティールを紹介します!ご購入の際にはぜひ参考にしてみてくださいね◎

① 40年代ごろのタグとディティール
wem0181_03_detail

wem0181_04_detailハートマークロゴと月桂樹柄のボタンが特徴です。

⇨40年代カーハート商品一覧

 

② 50年代ごろのタグとディティール
ハートタグハート模様のタグとボタンに注目です!ボタンが少々見づらいので、以下の商品ページからご覧ください◎

⇨50年代カーハート商品一覧

 

③ 60年代ごろのタグとディティール
大きい”Cマーク”の中にCarharttと書かれたタグが特徴!
(こちらは商品のお取り扱いがないため、画像をご用意できませんでした。ご了承ください。)

⇨60年代カーハート商品一覧

 

④ 70年代ごろのタグ
wbg3374_04_detail

wbg7418_04_detail現在のタグに近いデザインとなっています。この2枚の画像の違いは、「生産国」の表記があるかどうか。70年代は両者とも流通していたようです。

⇨70年代カーハート商品一覧

 

⑤ 100周年アニバーサリーモデルのタグ
wbe7864_03_detailタグ内に白字で「100 YEARS 1889 1989」と記載されています。

⇨100周年アニバーサリータグ・カーハート商品一覧

 

⑥ 90年代ごろのタグ
wbf8373_03_detailこちらは、皆さまが見慣れているタグではないでしょうか?このタグは80年代〜90年代の間に使用され始めました。

⇨90年代カーハート商品一覧

 

カーハート(Carhartt)特集はまだまだ続きます!

IMG_1499-2_eLINEカーハートの魅力と歴史についてお送りしたパート1はいかがでしたか?

ワークウェアの生産からブランドが始まり、今やヒップホップやストリートなど、あらゆるスタイルに取り入れられているカーハート。古着屋JAM SEASON LOOK 2019AUTUMN でもカーハートを使ったスタイリングを公開中!秋のオススメブランド、カーハートのアイテムをチェック!

古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物。販売するにあたって、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。ぜひ、古着屋JAMがこの秋イチ押しするカーハートのアイテムをお買い求めください!

次回パート2では、古着屋JAMが取り扱うカーハート商品の中でも特にイチ押しのものをPICK UPしてお届けします!!お楽しみに◎

⇨古着屋JAMのカーハート商品一覧carhartt1

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+