トピックス ブログ メンズ リーバイス ヴィンテージ用語・古着知識

【古着辞典Vol.2】Levi’s デニムジャケットの歴史とモデルをご紹介!-Part1-

名称未設定 1

『 リーバイスの起源 』
1853年にリーバイ・ストラウスが自身の名を冠にした会社「リーバイ・ストラウス」社をサンフランシスコに設立。
当初は雑貨店を経営していた。その後事業を拡大し、生地、衣料、靴、ジーンズなどを扱う事業へと発展していきました。

450
『 ジーンズ誕生のきっかけ 』
ゴールドラッシュのアメリカ西部で、鉱夫を支える丈夫な作業着が求められていた。1870年頃に仕立屋のジェイコブ・デイビスと出会い、彼のアイデアであるデニムや綿帆布に金属リベットを使用し補強する手法を用いて、生産部門を設立し造販売のメーカーとなりました。これがLevi’sの歴史の始まりです。

今回はそのLevi’sから歴史の深いデニムジャケット「1st&2nd」をピックアップして紹介します。

 

506XX (通称1st) 戦前~1952年

1917年以前より製造されていたデニムジャケットにはロットナンバーが付き、そのジャケットは「506XX」と名付けられました。デニムパンツの王様501XXの上着として1947年頃まで生産されました。一番古い物は1905年製造で、ポケットにはフラップがついていません。フラップが付くようになったのは1923~1928年の間と言われています。ちなみにブランケットライナーが付く”506XX”を”519XX”といいます。この他に506XX (通称1st) の中には 前期・後期・シンチバック針なしがあります。
750
750
750
S 506XX 前期 (大戦モデル 通常ボタン)
物資統制の影響を受け通常の506XXより、簡略化されたモデルになっています。
※Sの意味はSimplifiedの頭文字
750
750
750
506XX (シンチバック針なし) 1947年~1952年頃まで
750
750
750

 

507XX (通称2nd) 1952年~1962年

1952年にそれまで1ポケット仕様の506XXを改良し、507XXが誕生しました。初期は革パッチ仕様、1954頃から紙パッチに変更され、1962年までの10年間のみ生産されたモデル。バランスのとれたデザインとディテールが人気のデニムジャケットです。506XXと同様に種類がいくつかあり、1952~1953年頃まで507XX (革パッチ 片面タブ)
507XX (革パッチ 両面タブ) 1952~1955年頃まで
750
750
507XX (紙パッチ ギャラ入り) 1954~1962年頃まで
750
750
517XX (革パッチ 両面タブ) 1952~1955年頃まで
506XXを519XXというように、507XXのブランケット付きを517XXといいます。
750
750
750

取扱い商品一覧はこちら >> 507XX

歴史を彩るヴィンテージ

750
いかがでしたか。
今回は細かいディテール紹介ではなく型番、年代をメインで紹介しました。Levisは年代ごとにモデルが多く存在し、細かいディティールの違いで種類が異なる為、なかなか覚えきれない部分もあるかもしれません。モデルやディティールを覚えていただくことで、リーバイスを購入する際や古着屋でのお買い物などに役立てて頂けると思います。ここでは語り切れなかった3rd&4thモデルについても近日紹介致しますので乞うご期待ください!

————————————————————-

関連ページ

top_denimjkt
取扱い商品一覧はこちら >> リーバイスヴィンテージデニムジャケット一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+