トピックス メンズ レディース

NIKE(ナイキ)のタグから年代がわかる◆タグの変化は古着ならでは!

古着屋JAM

スニーカーが多くのファンを魅了し続けている「NIKE(ナイキ)」。世界中に愛好者が多数存在し、価値のあるスニーカーはプレミア価格になることもあります。

そんなスニーカーが有名すぎるナイキですが、トレーナー、Tシャツ、ナイロンジャケットなどのウェアももちろん大人気!

今回は、ウェアに付けられた”タグ”から、ナイキの歴史を読み取っていきましょう!

大人気シューズブランド・ナイキ【ロゴ誕生の秘密】

古着屋JAMのナイキナイキのロゴのデザインは、ナイキ設立者のナイトがポートランド州立大学で講師をしていた時に出会ったキャロライン・デビッドソンが1971年に制作。ナイトは、グラフィックデザインを専攻していたデビッドソンにロゴのデザインを依頼しました。

当時、デザインの仕事をして間もなかったデビッドソンは、スウッシュ(SWOOSH)のデザイン料として請求したのは僅か35ドル。今の人気を考えると破格のデザイン料でした。

後にデザイン制作がデビッドソンから代理店に移った1983年9月。スポーツブランドとしてナイキを成功させていたナイトからの呼び出しを受け、彼はナイトからダイヤモンド入りの金のスウッシュリングとナイキ株(具体的な株数は不明)を受け取ったという逸話があります。

ちなみに社名の由来は、同社社員のジェフ・ジョンソンが夢で見たギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー (Nike)」からきており、その像はルーブル美術館に展示されています。

 

1970年代 ナイキの前身ブルーリボンスポーツ社が由来【BRSタグ】

ナイキは、1964年2月に設立された「BRS(ブルーリボンスポーツ)社」を前身として、1971年に誕生しました。オレゴン大学の元陸上選手であったフィル・ナイトと、そのコーチ、ビル・バウワーマンが、オニツカタイガーと連携しシューズの開発を進めますが、それがのちに競争となり、自社ブランドとしてナイキを立ち上げたことに始まります。

70年代初期のタグには、ナイキの前身となった社名「BRS」がタグの表記に入ります。黒地に赤の刺繍で風車が大きく描かれているのが印象的。このタグは、市場に出回ることが滅多になくかなり希少です。

この他70年代には、筆記体の「NIKE」とオレンジ色のスウッシュが描かれた”筆記体タグ”と呼ばれるものが存在します。

 

1970年代後半~80年代前半 オレンジのロゴが印象的【オレンジタグ】

オレンジタグは、前期と後期に分かれており、ほんの少しの違いが見られます。

▼前期オレンジタグ

古着屋JAMのナイキ前期はレジスターマークと呼ばれるRのマークがロゴの横に表記されます。

 

▼後期オレンジタグ

古着屋JAMのナイキ前期でご紹介したレジスターマークが、後期では”TM“マークに変更されます。

 

→ナイキ・オレンジタグ アイテム一覧

 

1970年代後半~80年代 シンプルな2色使いでクールに【紺タグ】

こちらの「紺タグ」も、先ほど紹介したオレンジタグと同様に前期と後期に分かれます。こちらは一目で違いが分かりますね。

▼前期紺タグ

古着屋JAMのナイキオレンジタグとデザインはほぼ変わらず、白地に紺のロゴとスウッシュが入ったタグ。こちらはナイキでは数少ないイングランド製のアイテムでも使われています。

 

▼後期紺タグ

古着屋JAMのナイキ1980年代に入るとタグの色自体が紺色になり、刺繍が白、もしくはシルバーになります。

 

→ナイキ・紺タグ アイテム一覧

 

1990年代 人気急上昇中!赤色ロゴがインパクト大!【銀タグ】

古着屋JAMのナイキ現在人気急上昇中の1990年代からは、銀タグのご紹介。タグのカラーがシルバーになり、ロゴが赤色の刺繍に変化します。

 

→ナイキ・銀タグ アイテム一覧

 

▼変わり種タグも注目

古着屋JAMのナイキこちらは90年代の「NIKEチャレンジコートタグ」と呼ばれています。名テニスプレーヤーのジョン・マッケンローのシグネチャーモデル「チャレンジコート」からの流れを受け継いだテニス系のタグ。

テニス系タグには、チェッカーフラッグタグと呼ばれるものもあり、タグの種類が豊富な90年代も要チェック!

→ナイキ・チャレンジコートタグ アイテム一覧

 

あなたの好きな年代は?タグのデザインにもこだわりたい♪

古着屋JAMのナイキいかがでしたか?

古着好きの方も、古着を勉強中の方も、ついつい心を惹かれる魅力たっぷりの”タグ”。そのアイテム、そのブランドが歩んできた歴史がタグという小さなディテールにたっぷりと詰まっています。

皆さんがお持ちのナイキのタグは、何色でしょうか?チェックしてみてくださいね。

ナイキをもっと知りたい!あなたへのおすすめがアメリカ・オレゴン州ポートランドにある「ナイキ・ワールド・キャンパス(Nike World Campus)」と呼ばれるナイキ本社。なんとナイキの歴史を見学出来る無料のミュージアムがあります。

本社正門は、90年代の靴箱を彷彿とさせるデザインで、ファンにはたまらない施設となっていますよ◎

古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物。気に入ったデザインのものがあれば、すぐにご購入いただくことをオススメいたします!また、販売するにあたり、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。ぜひ、古着屋JAMでナイキのアイテムをご覧の際はタグにも注目してみて下さいね!

 
nike2
⇒古着屋JAMのナイキ商品一覧