レディース

個人的に彼女に着て欲しい、、、そんなスタイル【クラシックモード】

こんんばんは、坂根です。
本日も沢山のご来店、
誠にありがとうございました!

さて、本日は個人的に、
彼女にこのスタイリングをして欲しいと思う、
メンズ目線のレディースブログです。

JAMの今季のレディーステーマの一つ。
【クラシックモード】なスタイルでご紹介です!

DSC_0001

こんな感じで。

DSC_0002

レディースの着るコートが、
個人的に素敵に見えちゃいます。

DSC_0003

今回はタックイン。
ボトムスの形状に合わせて、
インしたり、しなかったり、
その日の気分で変えてください。

DSC_0004

ハイネックは持っておきたいアイテム。
着まわしが凄い良いです。
今回はステンカラーのコートをチョイス。
カジュアルにもフォーマルにも使える、
便利なコートです。

DSC_0005

グラデーションになっている、
ビンテージのプリーツスカート
プリーツスカートって可愛いです。

DSC_0006

後ろ姿はシンプルに。
スカートとコートのバランスで。

DSC_0007

コートはJAMでは定番のバーバリー
やはりトレンチ、ステンカラー共に、
バーバリーのコートは不変的です。

DSC_0008

コートを脱いでもシックな良い感じ。

DSC_0010

ケーブルのハイネックニット。
しかもブラック。
これから重宝するアイテムです。

DSC_0011

このスカートがもの凄く可愛いんです。

DSC_0012

キレイなプリーツ。
そしてこのカラーリング。
このプリーツのカラーデザインが、
素晴らしく可愛いです。

DSC_0014

そして実はリバーシブル。
ブラックベースと、ブラウンベース。
秋冬に間違いないカラーです。

DSC_0015

しっかりした少し重みのある生地なので、
動いたときのスカートの華やかさが素晴らしいんです。
そして重い生地を使っているので、
変なシワが入らず、しっかりまっすぐプリーツが、
元に戻ってくれます。

DSC_0013

さすがビンテージアイテムといった所。
ただ珍しい、雰囲気がある、以外にも、
ビンテージの作りってのにも注目していただきたい。
そんな素晴らしい作りのビンテージスカートです。

DSC_0016

足元はドレスシューズで。
マーチンでもいいのですが、
レディースでしっかりしたドレスシューズを、
履いている方は魅力的に思います。

DSC_0017

作りで言えばほぼメンズ。
カジュアル用のデザイン性はないですが、
オーソドックスにいつでも使える、
間違いないデザインです。
スニーカーにはデザインの量、
複雑なデザインという面では勝てないですが、
個人的にこの主張しすぎない、
素朴でも存在感のある革靴というものが、
大好きです。

DSC_0023

 

オン、オフ共に使えるストレートチップ。
そして良い子牛の革を使っています。

DSC_0020

少し丸いトゥなので、
実際のサイズより大きく見えないです。

DSC_0021

グッドイヤーウェルト製法という、
糊付けしていない、
正真正銘の革靴になります。

DSC_0024

英国製の靴なのですが、
実は日本のブランドの逆輸入パターン。
ロイドフットウェアという、
日本人が立ち上げた、日本人の足にあう英国靴です。
製造は英国で、
靴の聖地ノーザンプトンの工場で作られています。
初めての革靴に非常にオススメです。

DSC_0001

コート

バーバリー ステンカラーコート レディースM Burberry’s /wej7631
(クリックすると商品ページにジャンプします)

ニット

古着 タートルネック ケーブル編み ケーブルニット アクリルニットセーター レディースS~M UNKNOWN /wei6999
(クリックすると商品ページにジャンプします)

スカート

60年代 リバーシブル オンブレチェック ウール ロング プリーツスカート 8 レディースM ヴィンテージ Highland Queen /wej4790
(クリックすると商品ページにジャンプします)

シューズ

古着 Lloyd Footwear ストレートチップシューズ/bog9417
(クリックすると商品ページにジャンプします)

拘りのあるメンズも素敵ですが、
拘りのあるレディースも素晴らしく素敵です。

では本日はこのくらいで。
明日も12時~20時でお待ちしております。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です