トピックス メンズ レディース

スウェットとは?トレーナーやジャージ、パーカーとの違いを徹底解説!

「スウェット」は、お出かけシーンでも、ご自宅でのリラックスシーンでも着用できる万能アイテムです。

様々なシーンで見かける「スウェット」ですが、「スウェット」とは何かと聞かれると、イマイチわからないという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、「スウェット」について、素材や魅力から、トレーナーやジャージ、パーカーとの違い、おすすめブランドまで徹底解説いたします。

是非、最後までご覧ください。

そもそもスウェットとは?

sweat_blog_07
「スウェット」とは、綿をメリヤス編み(ジャージ織り)にしたニット生地のこと。

「スウェット」の特徴として、表地と裏地の質感が異なっていて、生地が二重構造となっている点が挙げられます。

表地は平編みの生地のため、網目が細かく滑らかな質感となっていて、伸縮性が高いことが特徴。

一方で裏地はパイル織りの生地が採用されているため、タオルのような質感で起毛感があり、高い吸水性を実現しています。

英単語の「Sweat」が“汗・汗をかく”という意味を持つ点からも、「スウェット」がいかに吸水性が優れているかお分かりいただけるかと思います。

普段私たちが着用している、衣類の「スウェット」とは、「スウェットシャツ」のことを指して、「スウェット」生地のパンツは、「スウェットパンツ」と呼びます。

特に“スウェット”として呼ばれることが多いであろう「スウェットシャツ」は、スポーツシーンでの練習着やウォームアップ着として使用されていましたが、歴史の中でファッションアイテムとして認識され、現在ではマストハブなアイテムの一つとして君臨しています。

こちらのBLOGで、「スウェットシャツ」について詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

スウェットの生地は2種類ある?

「スウェット」という言葉自体は、衣服の「スウェット」を指すわけではなく、生地のことを指していて、普段着用する「スウェット」は「スウェットシャツ」ということがお分かりいただけたと思います。

さらに「スウェット」の生地についてフォーカスしていきます。

実は、「スウェット」には裏毛と裏起毛の2種類の裏地があり、用途や季節によって使い分けられています。

特徴を知っておくと、「スウェット」を選ぶ際に役立つので、お店などで「スウェット」を購入する際はチェックしてみてください。

裏毛

oversizeswt_blog_14
裏毛とは、裏糸をタオル生地のようなパイル状(ループ状)に編み込んで浮かせた生地の事で、裏パイルとも呼ばれます。

「スウェット」の裏地を想像したときに、イメージできるのが裏毛ではないでしょうか。

凝視してみると、折り目がくるくるとしているので、お分かりいただけると思います。

肌ざわりが優しく、適度な保温性と吸湿性を持ち合わせているため、スポーツシーンにも適していて、気温の高い春夏にもおすすめです。

裏起毛

oversizeswt_blog_15
裏起毛とは、文字通り裏毛の編みを、毛羽立たせて起こしたものです。

空気が多く含まれることにより、感触がより柔らかくなっているため、ふんわりとした着心地が特徴。

物理的に生地の厚みが増し、生地の中に暖かい空気が多く含まれることによって高い保温性を誇り、気温の低い秋冬にも最適です。

【スウェット】商品一覧はこちら

 

スウェットの魅力とは?

ここまでで「スウェット」がどんな生地であるか、お分かりいただけたと思います。

ここからは、ファッションアイテムとして、スポーツウェアとして、ルームウェアとして愛される「スウェット」には一体どんな魅力があるのか、深掘りしていきたいと思います。

動きやすい

sweat_blog_08
平織りで編まれることにより「スウェット」は、高い伸縮性を実現。

よく伸びるため、快適に体を動かすことができます。

おしゃれコーデに取り入れることもできますが、アウトドアシーンやスポーツシーン用に一着持っておくのもいいですね。

手入れしやすい

rct_06
秋冬にも大活躍する「スウェット」は、同時期に着用するニットアイテムなどに比べると手入れや扱いが楽なのも嬉しいポイントです。

とは言っても、コットン素材の「スウェット」は縮みが発生します。手洗いや洗濯ネットの使用、乾燥機の使用を避けることで長く着用することができます。

必ず洗濯表示を確認の上、最適な洗濯方法でケアしましょう。

着心地がよい

sweat_blog_09
裏毛、裏起毛どちらも肌なじみが良いため、抜群の着心地を誇ります。

特にゆったりめのサイズを選べば、リラックス感を演出することができます。

吸水性・防寒性が高い特性から、パジャマやルームウェアアイテムとしても大変人気です。

【スウェット】商品一覧はこちら

スウェットとトレーナーやパーカーとの違いとは?

sweat_blog_05
大変魅力的なアイテムである「スウェット」ですが、何が「スウェット」とされているか分かりにくいように、「スウェット」との違いが分かり辛く、「スウェット」と混同されやすいアイテムがあります。

それは「トレーナー」や「パーカー」、「ジャージ」といったアイテムではないでしょうか。

ここからは、それぞれのアイテムの特徴をご紹介をしながら「スウェット」との違いを解説いたします。

トレーナー

sweat_blog_02
「スウェット」と一番混同しやすいアイテムのトレーナーですが、結論「スウェット」とトレーナーは同じものを指します。

実は、トレーナーとは「スウェットシャツ」を指す和製英語で、VAN Jacketの創業者であり、アイビールックの生みの親でもある、石津謙介氏によって名付けられたとされています。

「スウェットシャツ」とトレーナーは同じものを指しますが、肩や腕が動かしやすいラグランスリーブや、袖や裾がリブ編みとなっているものが多い印象です。

【トレーナー】商品一覧はこちら

パーカー

sweat_blog_03
パーカーも「スウェット」と混合されやすいアイテムの一つとして、挙げることができます。

パーカーとは、「スウェットシャツ」にフードを付けたものを一般的に指します。

トレーナー同様に、フード付き「スウェットシャツ」を指す和製英語で、パーカーのことを英語では「Hoodies」「Hooded Sweatshirt」といいます。

プルオーバータイプのものや、前開きのジップアップタイプが主流ですが、フード部分の意匠を引き継いだ様々なパーカーが存在します。

【パーカー】商品一覧はこちら

ジャージ

sweat_blog_04
「スウェット」と混合されやすいアイテムの一つとして、ジャージも挙げることができます。

ジャージはその名の通り、メリヤス編み(ジャージ織り)で作られた生地で、「スウェット」と同じ織り方で製造されています。

「スウェット」よりも軽くて伸縮性があるため、動きやすく、よりスポーティーな場面で効果を発揮します。

しかし、メリヤスが厚いため汗を吸水しにくいという弱点が。

そこで開発されたのが「スウェット」で、裏地がパイル地や起毛しているため、ジャージの弱点である吸水性を高めたとされています。

ジャージは速乾性が高いため、汗を吸ってもすぐに乾きますが、激しい運動をすると体中が汗まみれに。
用途やシーンで「スウェット」とジャージを使い分けるのがおすすめです。

【ジャージ】商品一覧はこちら

 

おすすめのスウェットのブランドとは?

「スウェット」について、特徴や素材、混同しやすいアイテムとの違いもお分かりいただけたと思います。

ここからは、多くのブランドからリリースされる「スウェット」で、このブランドさえ押さえておけば大丈夫!というブランドをピックアップ。

各ブランドの商品ページから、ぜひお気に入りの「スウェット」を見つけてみてください。

チャンピオン

eaa127335_01_detail
1919年に設立したアメリカを代表するスポーツブランド。大人気のリバースウィーブを始め、パーカー・トレーナー・スウェットパンツを数多く取り揃えています。スウェットを探すなら、まずはチャンピオンから。

特にリバースウィーブの市場価格は年々上昇しつつあり、古着屋JAMでも大変人気です。気になるデザインのものがあったら、早めにご注文されることをおすすめ致します。

【チャンピオン「スウェット」】商品一覧はこちら

ラルフローレン

eva000003_01_detail
1967年、ネクタイの販売業からスタートした『RALPH LAUREN(ラルフローレン)』は、イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、アメリカントラッドやアイビーファッションを代表するブランドです。

【ラルフローレン「スウェット」】商品一覧はこちら

ナイキ

eaa122832_01_detail
アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置く、スポーツ関連アイテムを中心に、アパレル、スニーカーを扱うブランド。 都会的でスタイリッシュな雰囲気の多いナイキは、近年トレンドのスポーツミックススタイルにマッチします。

【ナイキ「スウェット」】商品一覧はこちら

アディダス

eaa077238_01_detail
スポカジスタイルの定番アイテムでいつの時代も高い人気を誇る。レトロテイスト溢れるスタイル、センスあるデザインや配色がとてもオシャレで幅広いスタイルにマッチします。

【アディダス「スウェット」】商品一覧はこちら

トミーヒルフィガー

eaa065526_01_detail
1984年にデザイナー自身の名を冠し手設立したアメリカのアパレルブランド。
カジュアルであるながらも、どこか上品さを兼ね備えた物が多いのが特徴です。幅広い年代の人々に支持され、ビジネスシーンからスポーツシーンに合うアイテムもリリースしています。

【トミーヒルフィガー「スウェット」】商品一覧はこちら

 

一年中着れるスウェットに注目!

sweat_blog_01_
いかがでしたでしょうか。

誰もが一度は着用したことがあろう、「スウェット」は定番アイテムでありながらも、その人気はとどまることを知りません。

吸水性や速乾性が高いことから、年中通して着用が可能で、古着でも大変人気のカテゴリーとなっています。

そんな「スウェット」アイテムは、引き続き注目のアイテムの1つ。

人気のチャンピオンのリバースウィーブはもちろん、ナイキ、ラルフローレンといった定番ブランドも要チェックです。

是非、国内随一の「スウェット」の在庫を誇る古着屋JAMで、ぜひお気に入りの一着を見つけてみてください。

【スウェット】商品一覧はこちら

sweat_l_

style book スウェットを上品に魅せるアレンジ術
【「スウェット」特集】

※古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物です。
販売するにあたって、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。

【品質ポリシーについて】