トピックス メンズ レディース

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の人気モデルご紹介◆寒い冬もカッコよく決めたい!

アイキャッチ

今回は、THE NORTH FACE(ノースフェイス)の人気モデルをどどんとご紹介!

防寒性、保温性ともに抜群でストリートスタイルに相性◎なノースフェイスは、古着屋JAMのこの冬おすすめブランドです!ぜひ最後までチェックしてみてください♪

それでは、早速みていきましょう。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)はどんなブランド?

northface1968年にカリフォルニア州サンフランシスコで設立。

「The North Face」とは、ヨーロッパアルプスの難壁中の難壁であるアイガー北壁を意味していると言われていますが、ホームページによるとアルプスに限らず、山のもっとも寒く、もっとも征服が困難なルートのことも同様にThe North Faceと呼び、それらの意味も含めて社名となっています。

ノースフェイスはアウトドアシーンだけでなく、ストリート界にも多大な影響を与え続けていて、古着ファンやアウトドアファンのみならず、多くの人を魅力しています。その証拠に、名立たるブランドとのコラボーレションが展開され、Supreme、Xgirl、STUSSY、JUNYA WATANABE、HYKE、RonHerman、Appleなど人気モデル、アイテムが多数存在しています。

 

パタゴニアとのつながり

実は、もう一つの有名アウトドアブランド、patagonia(パタゴニア)とノースフェイスには思わぬつながりがあるのをご存知でしょうか?

パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードの若い頃からの親友が、THE NORTH FACEの創業者ダグ・トンプキンス!

パタゴニアの紹介はこちらからご覧ください◎
パタゴニアの人気モデルをご紹介◆環境への高い意識から生まれたアイテムとは?

歴史を遡ると、ファッションブランドの中には兄弟で別ブランドを展開したり、有名ブランドから独立して別のブランドを立ち上げたりすることが多く見られます。創業者同士の関係性を辿ってみるのも面白そうですね!

 

使われているのはこんな素材

700フィルパワー皆さんは、左のように数字が袖口に刺繍されているのを見たことがありますか?

こちらの数字は”フィルパワー”の数字を表し、羽毛のかさを示す単位です。1オンスあたりに入る体積のことで、数字が大きいほど良質で、効果が見込めます。

ちなみに、ダウンジャケットの品質表示には、”ダウン””フェザー”の2パターンがありますが、”ダウン”とは綿毛のような羽毛であるのに対し、”フェザー”は1つ1つが1本の羽になっています。ダウンには空気を含みやすい特性があることから、保温性が期待できます。割合で表すとダウンが7~9割、フェザーが1~3割くらいがベスト。

ノースフェイスの製品に使われている素材は他にもたくさんあります!代表的なものをいくつかご紹介いたします。

 

① GORE-TEX(ゴアテックス)

goretex防水耐久性防風透湿性を兼ね備えた素材で風雨などから身体を守ります。自然の変化に対応するためにあらゆる状況下を想定した、素材パフォーマンスは圧巻です。

 

② HYVENT(ハイベント)

PUコーティングによる耐水性透湿性防風性を兼ね備えた素材で、ウェア内の湿度を常に最適な状態に保ちます。

 

③ PRIMALOFT(プリマロフト)

ダウンと同様の保温性を備えながら、撥水性が非常に高く軽いのが特徴です。

 

自分に合ったアイテムを見つけるには、見た目も重要ですが機能性も大切!素材を知ることで、アイテム選びがもっと楽しくなりますよ♪

 

ノースフェイス人気モデル6選!!

① MCMURDO PARKA(マクマードパーカ)

マクマードパーカ名前の由来はアメリカの南極観測基地”マクマードステーション”で、その名の通り南極のオーロラ観測隊に愛されたモデル。極寒の地域でも快適に過ごすことができるほどの高い保温性を誇ります。90~00年代にかけてはニューヨークのストリートシーンを一世風靡しました。
→ノースフェイス・マクマードパーカ一覧

 

② MOUNTAIN GUIDE JACKET(マウンテンガイドジャケット)

マウンテンガイドジャケット1985年に登場以来、人気の高いマウンテンパーカー。近年はコラボアイテムの発売など、人気はますます上昇中です。フリースやインナーダウンなどの中間着も着れる、ゆとりのあるサイズ感で、シーンを選ばないオールラウンドアウター
→ノースフェイス・マウンテンガイドジャケット一覧

 

③ MOUNTAIN LIGHT JACKET(マウンテンライトジャケット)

マウンテンライトジャケット身幅とアームホールが大きく、リラックス感のあるシルエットに仕上がり、肩の切り替えがアイコニックなデザインです。アウトドアのみならず、デイリーユースにも最適。
→ノースフェイス・マウンテンライトジャケット一覧

 

④ NUPTSE JACKET(ヌプシジャケット)

ヌプシジャケット名前の由来はヒマラヤ山脈のNuptse(ヌプツェ)。登山や探検に向けて開発されたダウンジャケットで、保温性を保ちながら、軽量に仕上げられています。長時間着用していても疲れずタウンユースとしても活躍なしの1着。
→ノースフェイス・ヌプシジャケット一覧

 

⑤ SUMMIT SERIES(サミットシリーズ)

サミットシリーズ世界中のアスリートから様々な環境下でフィードバックを受け、身体と自然環境の研究により生まれた高機能モデル。マウンテンジャケット、ダウン、フリースなど様々なアイテムが存在し、世界中のアスリートから支持されています。
→ノースフェイス・サミットシリーズ一覧

 

⑥ STEEP TECH(スティープテック)

スティープテック世界最初のプロエクストリームスキーヤー”スコット・シュミット”が開発に大きく貢献し誕生しました。90年代を象徴するようなカラー、デザインはストリートシーンを中心に大人気です。
→ノースフェイス・スティープテック一覧

 

オシャレも機能性も妥協したくない!

まとめいかがでしたか?

ノースフェイスは、なんと言ってもその機能性の高さが魅力!保温性や重量にもこだわりが見られ、毎日着たくなってしまうくらい手離せないアイテムです。また、カラーリングもシンプルなものからカラフルな色味のものまで多数あり、一枚羽織るだけでカッコよく決まりますよ◎

この冬はノースフェイスで暖かく、カッコよく決めてみませんか?♪

古着屋JAMの商品は、全てが当社のバイヤーによって海外で買い付けられた一点物。気に入ったデザインのものがあれば、すぐにご購入いただくことをオススメいたします!また、販売するにあたり、入念なケア・検品を施しておりますので、お客様には安心してご購入いただけます。ぜひ、ノースフェイスのアイテムを古着屋JAMにてお買い求めください!

⇒古着屋JAMのノースフェイス一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+