トピックス メンズ レディース

この春・夏注目アイテム!”アロハシャツ” の歴史とパターンをご紹介!絵柄には実はこんな意味があった!?~Part1~

アイキャッチ4 (2)

皆さんが ”アロハシャツ” と聞いて、思い浮かべるのは何でしょうか?

多くの方は、常夏の島「ハワイ」が浮かぶのではないでしょうか。色柄も多種多様で、着るだけで気分もパッと明るくなる ”アロハシャツ” 。古着屋JAMでもこの春夏、イチ押しのアイテムです!

そんなアロハシャツですが、その誕生には日本の文化が深く関わっていたのです。今回は、アロハシャツ誕生の歴史と、代表的なパターン(柄)について、ご説明いたします。是非とも、ご一読ください。

アロハシャツの起源は【着物】だった?

宮本孝一郎アロハシャツの起源には様々な説がありますが、その中でもアロハシャツの起源は「着物」だったという説が有力です。

遡ること、江戸時代。船の難破によりハワイ島に着いた次郎吉という人物をきっかけに、ハワイの人々は “日本” という存在を知ることになりました。その後、ハワイと日本との交流が盛んになり、サトウキビ農業の労働者として100名以上の日本人がハワイに移住することに。(その後も、ハワイは積極的に日本人を受け入れ、現在の日系人のルーツになっています。)

その移住の際に持ち込まれた着物が、ハワイの気候に適さなかったために、現地の人々が着用していた「パラカ」という開襟のシャツを参考にして生み出されたのがアロハシャツの誕生だと言われています。(または、着物の美しさに惹かれた現地人が、「シャツに仕立ててくれ」と頼んだという説も。)

アロハシャツの歴史そして1904年、最初の官約移民(※)としてハワイに移住した宮本長太郎という人物は、日本の反物を使ってシャツを製作する『ムサシヤ』という服飾店をホノルルに創業します。
1915年、長太郎が他界し、息子の孝一郎(写真上)が『ムサシヤ・ショーテン(英名:ムサシヤ・ザ・シャツメーカー)』と会社名を改め、1920年ごろから新聞に毎週広告を掲載するようになりました。その際、文法のめちゃくちゃな英語と下駄をはいて笑っている日本人のイラストが、人々にインパクトを与え、米国本土だけではなく、世界各地からも注文が入るようになったのです。

(※…官約移民とは、ハワイと明治政府が結んだ契約による移住のこと。サトウキビ栽培に力を入れるため、ハワイ側が労働者を求めたことに始まります。)

ムサシヤショーテンLtdその後、世界恐慌により、ムサシヤ・ショーテンは、商社である藤井順一商店に売却され、『ムサシヤ・ショーテン・Ltd.』と改名され、1935年ホノルル・アドバタイザー紙に初めて “アロハシャツ” という呼び方で広告に登場することとなりました。

その後、客船の就航や、航空路の発達によって、ハワイは観光地としての人気が高まり、同時に、アロハシャツも土産物としての需要が大きく高まることになったのです。

ちなみに、1937年、中国系商人のエラリー・チャン氏が “アロハシャツ” という名称を商標登録し、20年間にわたって独占利用を認められており、その商標登録は現在も誰かが保持しているそうです。そのため、正式名称は “ハワイアンシャツ” と呼ぶのが正解。”アロハシャツ” という呼称は商品名なのですね!

 

アロハシャツの定番パターン(柄)6種!

1.オールオーバーパターン(総柄)
古着屋JAMのアロハシャツ_オールオーバーパターンこちらは全体的に同じ模様が散りばめられているもの。最もスタンダードなパターンです。
⇒アロハシャツ・オールオーバーパターン一覧

 

2.ボーダーパターン
古着屋JAMのアロハシャツ_ボーダーパターンボーダーパターンは、柄が縦に並べられているものです。このデザインは40年代後半から登場し、50年代に普及しました。植物をモチーフにした絵柄が多いです。
⇒アロハシャツ・ボーダーパターン一覧

 

3.ホリゾンタルパターン
古着屋JAMのアロハシャツ_ホリゾンタルパターン絵柄の上下が明確に決められているものです。水平線(ホライゾン)が描かれていたことが名称の由来になっています。縦長の生地に対して、身頃を横方向に切り出していることが特徴です。
⇒アロハシャツ・ホリゾンタルパターン一覧

 

4.バックパネル・パターン
古着屋JAMのアロハシャツ_バックパネル1古着屋JAMのアロハシャツ_バックパネル2こちらは、背中を一枚のキャンバスに見立てたようなパターンです。正面から見ると通常のアロハシャツですが、一番見てほしいポイントは “背中” なのです!通常のものに比べ、裁断が制限されるため、高い縫製技術が求められ希少価値も高くなっています。
⇒アロハシャツ・バックパネルパターン一覧

 

5.オリエンタル・デザイン(和柄)
古着屋JAMのアロハシャツ_オリエンタルパターン和柄は、まさに着物を連想させるものになっています。今回ご紹介しているものは違いますが、縮緬素材を使用したものが多いです。
⇒アロハシャツ・和柄一覧

 

6.ピクチャープリント
古着屋JAMのアロハシャツ_ピクチャープリント文字通り、写真をそのままシャツの絵柄にしたようなデザインのものを指します。現在は、印刷技術が発達し、プリントによる絵柄の印刷は簡単です。しかし、当時は、原画の写真をなぞるように細かい網点を打ち、元となる写真の画像を手作業で写し、それを色の数の分だけ型に起こし、重ね刷りすることで写真のように見せる手法でした。高度な技術を必要とするため、ピクチャープリントが製造され始めた50年代は、かなりの貴重品であったようです。
(※今回ご紹介しているものは一例であり、ヴィンテージのものではございません。ご了承くださいませ。)

 

あなたのお気に入りは見つかりましたか?

アイキャッチ4いかがでしたでしょうか?アロハシャツは ”ハワイの民族衣装” としてのイメージが強いかと思いますが、実は農業用の服が起源だったんですね!そしてその歴史は決して古いというわけではありませんが、アロハシャツの誕生に ”日本の着物” が関わっていたことに、誇りを感じずにはいられませんね!

次回のPart2では、アロハシャツに使用される「絵柄とその意味」、「ヴィンテージアロハの基準とは?」の2つについてご紹介していきます!

 

古着屋JAMのアロハシャツコーディネート特集古着屋JAMのアロハシャツコーディネート特集
古着屋JAMのレインスプーナー一覧古着屋JAMのレインスプーナー一覧
古着屋JAMのメンズ向けアロハシャツ一覧古着屋JAMのメンズ向けアロハシャツ一覧
古着屋JAMのレディース向けアロハシャツ一覧古着屋JAMのレディース向けアロハシャツ一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+