トピックス ブログ メンズ ラルフローレン

古着屋JAMイチ押しブランド◎ラルフローレンの歴史にせまる!

ラルフローレンロゴ

ラルフローレン(Ralph Lauren)といえば、イギリスのファッションスタイルをアメリカ風にアレンジした”アメリカン・トラディショナル”(通称:アメトラ)を代表するブランド。古着屋JAMでも大人気のイチ押しブランドですが、そんなラルフローレンには興味深い歴史があることを皆さんはご存知でしょうか・・・?
こちらの記事では、ラルフローレンの歴史やマメ知識について、深く掘り下げていこうと思います。

ラルフローレンの成り立ち

ラルフローレンの歴史

大人気ブランド、ラルフローレンのデザイナー、ラルフ・ローレン氏は、1939年アメリカ・ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学バルーク校に進学し、2年間ビジネスを学びましたが、中退してしまいます。
その後、1962年からアメリカ陸軍に入隊し、2年後の1964年に退役。セールスマンとしてブルックスブラザーズのネクタイ売り場での勤務をスタートさせます。

その際、彼のアイデアにより、当時は珍しかった4インチ幅(約10.2cm)のワイドネクタイを販売したところ、大ヒット!これをきっかけとして、彼が28歳のとき、1967年にネクタイメーカーのボー・ブランメル社にデザイナーとして採用され、「ポロ」のブランド名でカラフルなデザインのワイドネクタイを発表しました。

さらにその翌年、1968年にラルフ・ローレン氏は独立し、メンズブランドとして「ポロ ラルフローレン」を開業、コレクションの発表が行われることとなりました。そうして現在の「ラルフローレン」に繋がっていくのです。

ラルフローレン・ボタンダウンシャツの秘密

ラルフローレン

ラルフローレンの中でも、代表的なアイテムであるボタンダウンシャツ
こちらはもともとポロ競技で使われていたウェアの襟が、ボタンで留められているのを参考にブルックスブラザーズで作られ始めました。発明したのは、ブルックスブラザーズ創始者の孫であるジョン・ブルックス。ボタンダウンシャツの発売当時は、ポロカラーシャツという名称で販売されていたそうです。
それをラルフローレンが取り入れるかたちで”ラルフのボタンダウンシャツ”が発売され、現在のように人気アイテムになっていったんですね!

フォーマルなシーンでも取り入れられることの多いボタンダウンシャツですが、スポーツウェアがオシャレアイテムに変化したという背景もあり、実は「カジュアルシャツ」という位置づけなんです!

現在のラルフローレン

RRLタグ

現在、ラルフローレンはメンズ、レディース共に多くのラインが存在し、国内外で愛されているブランドとなりました。

ニューヨーク・ブルックリンでは1988年にLO LIFEというラルフローレンを熱狂的に愛する人々の集団がうまれました。その集団の創設者の一人であるラッパーのRACK‐LOが主催する「POLO BATTLE」は、ラルフローレンのアイテムで全身を固めた人々のファッションコンテスト!そんなイベントが行われるくらい、今現在でもラルフローレンは多くのファンの心を掴んでいるんですね。(LO LIFEについてはページ下の関連記事のリンクからも閲覧できます。)

また、新品の製品だけではなく、ヴィンテージ(古着)としての価値も高いものが多く、特にポロ バイ ラルフローレン(Polo by Ralph Lauren)ダブルアールエル(RRL)などは古着好きの方に大人気のラインとなっています。

→ポロ バイ ラルフローレン商品一覧
→ダブルアールエル商品一覧

そんな大人気のラルフローレンを古着屋JAMで手に入れよう!

古着屋JAMでは、ラルフローレンをイチ押しのブランドとしてご紹介しております。バイヤーが海外で1着1着厳選した1点物のアイテムを豊富に取り揃えておりますので、是非お買い求めください!◎

ラルフローレン商品一覧
ラルフローレン商品一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+